簡単でおいしい!話題のビーツハッセルバックポテト

Beets-recipe

ビーツは、見た目はカブに似た形で、鮮やかな赤色が特徴。根菜類にも見えますが実はほうれん草(ヒユ科)の仲間なのです。

スープやサラダの料理に使うことが多いですが、見た目がかわいい!食卓で喜ばれるおしゃれなビーツの「ハッセルバックポテト」のレシピをご紹介します!

 

ハッセルバックポテトって何?

スウェーデンの家庭料理で、ベイクドポテトの一種。

じゃがいもに切れ込みを入れて焼きあげるベイクドポテトで、切れ目から開いて華やかな見た目になることが特徴です。

今回はじゃがいもではなく、ビーツでかわいく作っちゃいましょう!

◆材料 2人分   

ビーツ…2個(約160g) 

ベーコン(スライス)…60g

黒こしょう…少々

オリーブオイル…大さじ2

 

サワークリームのドレッシング(作りやすい分量)

オリーブオイル…大さじ2

りんご酢…大さじ1

はちみつ…大さじ1

ディル(刻む)…大さじ1

サワークリーム…30g

塩…少々

 

作り方 (調理時間:45分)

※オーブンは200℃に温めておく。

  1. ビーツは皮をむいて、切り離さないように5㎜間隔に切れ目を入れる。

 Beets-recipe2

  1. ドレッシングの材料を混ぜ合わせておく。

  1. ①の間にベーコンをはさみ、黒こしょう、オリーブオイルをかけてオーブンに入れ、18~20分かけて焼く。

  1. 器に盛り、②をかける。

 

カロリー:363kcal (1人分換算)   塩分量:1.2g

甘みがぎゅっと詰まったビーツにベーコンをサンドして、ビーツの旨みをアップしました!
ほくほくとした食感にカリカリのベーコンがたまらない一品。

 

ビーツってどんな野菜?

日本ではあまり馴染みのない珍しい野菜ですが、アメリカやヨーロッパでは日常的に食べられる人気の野菜です。

ビーツが使われている料理で代表的なのかロシア料理の「ボルシチ」ではないでしょうか。
赤い色のスープはビーツの色から出た色なんです。

ビーツは生で食べることもでき、皮をむいてカットしたものをサラダで使ったり、ピクルスや酢漬けにするのもおすすめ。

加熱すると甘みが増すので、オーブンでの加熱や茹でてたべるのも一般的です。

健康にも美容にも効果が高く、注目を浴びている野菜、「奇跡の野菜」ビーツ。
甘みがあっておいしい味はきっとクセになり、虜になるはず!

ぜひビーツのハッセルバックをお試しくださいね。