満腹なのに食べてしまう…エモーショナルイーティングを防ぐには?

エモーショナルイーティング
皆さんはお腹がいっぱいなのになぜか食べてしまう…こんな経験はありませんか?

「お腹いっぱい食べても、またすぐにお腹がすいてしまう」
「いくら食べても満足感がない」
「イライラすると無性に甘いものが食べたくなる」

こういったことに心当たりのある方は、『エモーショナルイーティング』という状態になっていたのかもしれません。

エモーショナルイーティング(感情的摂食)とは?

エモーショナルイーティングとは「疲れたから甘いものが欲しくなる」、「ストレス発散のために無性に食べたくなる」といった感情の動きからくる食欲のことをいいます。

エモーショナルイーティングの場合は、お腹の空き具合にかかわらず、いつもよりたくさん食べてしまう傾向があります。
また、食べているときのことをよく覚えていないというのもこの症状の特徴のひとつです。

よくドラマや映画で、失恋やイライラする出来事のあとに大きなケーキやアイスクリームをやけ食いするといったシーンを見ることがありますよね。
まさにそれがエモーショナルイーティングの典型的な例なんです。

エモーショナルイーティングはなぜダメなの?

エモーショナルイーティング
たまの食欲からくる「食べ過ぎ」であればあまり心配する必要はありません。
特に女性は生理前・生理中は血糖値が下がることにより、食欲が増すことがよくあります。
また、食べることで貯まりすぎたストレスが解消されるのであれば、たまの過食は大目に見ることもできるでしょう。

ただこういった過食で怖いのは「習慣化」してしまうことです。

エモーショナルイーティングは脳が命令する過食衝動なので、感情と過食が結びつき不満や不安、動揺、怒りなどのストレスを体が感じるたびに食べ物へと手が伸びるようになってしまいます。
こういったことは「意思の力で止められるはず」と思いがちですが、脳の働きによるものなので、実際にはコントロールできない場合がほとんどです。

このようなことが長引くと本格的な神経性過食症へとつながってしまうこともあるので、特に注意する必要があります。
米国精神医学界では週1回でも過食があれば適切な治療が必要と判断されています。

エモーショナルイーティングと健康的な空腹の違い

脳の働きによる感情的な空腹(エモーショナルイーティング)と肉体的な空腹は区別することができます。

肉体的な空腹は食事をしない時間が長引くにつれて徐々に空腹感が訪れてくるのですが、エモーショナルイーティングは「食べたい」という衝動が突然起こります。
しかも自然な空腹とは異なり切迫感のある空腹なので「今すぐに食べたい」という強い感情をともないます。

また、エモーショナルイーティングの場合、脂肪たっぷりのジャンクフードや甘いものといったエネルギーの高い食べ物を無性に食べたくなるのも特徴のひとつです。

その理由はストレスにより分泌される“コルチゾール”の働きによるものです。

コルチゾールは別名「抗ストレスホルモン」ともいわれ、身体がストレスを感じると通常よりも多く血液中に分泌されます。
コルチゾール自体には血糖値を上げて一時的にストレスへの耐性を高める効果があるのですが、コルチゾールの分泌をうながす際の脳内作用により、甘い食べ物といった血糖値をすぐに上げる食べ物を欲してしまいます。

ストレスを感じたときについスナック菓子やジャンクフードに手を伸ばしてしまうのは、コルチゾールのせいだったんですね。

この精神的な衝動行為とオーバーカロリーの積み重ねが『ストレス太り』の原因になるので出来ることなら気を付けたいです。
次はそんなエモーショナルイーティングのネガティブなループから抜け出すために効果的な食事の説明をしていきます。

食事からできるダメージ修復

エモーショナルイーティング
ストレスによりコルチゾールの分泌が増えると、まず影響を受けるのが副腎です。

副腎がダメージを受けるとビタミンCやビタミンB、カルシウムなどのミネラルがビタミンやミネラルが不足してしまいます。
ビタミンやミネラルが不足するとメンタル不調につながりやすいといわれているので意識して摂取できるといいですよ。

他にも動物性タンパク質に含まれる“メチオニン”は、コルチゾールの過剰分泌を抑えるホルモンである“セロトニン”や“ドーパミン”の働きを助けてくれる成分ですので、毎食できるだけ肉、魚、卵や豆腐、納豆といった大豆製品を食べることがおすすめです。

そのほか注意したいのが、ストレス解消のためにお酒を飲んでいる人は、飲みすぎると“メチオニン”を大量に消費してしまうということです。
またタバコも同様に、吸えば吸うほどビタミンCを消耗していくため、せっかく食事で摂ったビタミンCが無駄になってしまいます。

ストレス解消のためにしている行為が、余計にストレスを助長することになっていることもあるので適度な量や回数に抑えることが好ましいです。

ビタミンたっぷりのおすすめ野菜

コリンキー
エモーショナルイーティング

ビタミンB群やビタミンC、カロテンに加えて、鉄分やカリウムなどのミネラルなどがを多く含みます。
“カロテン“は、体内でビタミンAに代わることで知られている栄養素で、強力な抗酸化作用を持っています。
体内で発生した活性酸素を除去してくれるため、アンチエイジング効果が期待できます。

コリンキーは別名『サラダかぼちゃ』と呼ばれる生でも食べられる野菜です。
サイズも小ぶりで調理も簡単なのがうれしいですね♪

ビーツ
エモーショナルイーティング

ビーツにはビタミンA、ビタミンC、そしてナイアシン、ビオチン、葉酸といったビタミンB群が含まれています。
“ビタミンC”には皮膚、粘膜の健康維持や優れた抗酸化作用があります。

ビーツは料理に使うと唯一無二のピンク色の食事になるので、見た目にも楽しい食材です。
〈参考〉レンジで簡単!ビーツの鮮やかポテトサラダ

常日頃から五感を刺激して脳の疲れを取ることも大切

エモーショナルイーティング
脳が健康であれば、日々のストレスの影響を大きく受けることなく、心と身体を健やかに保つことができます。
受けたダメージを食事から修復することも大切ですが、五感を刺激して適度にリフレッシュする習慣を取り入れることも大切です。

五感とは、視覚、聴覚、味覚、臭覚、触覚の5つの感覚で構成される人間本来の感覚機能のこと。

脳は、ストレスといった外部環境から得た情報を瞬時にとらえ、それに対する防衛反応を起こし、いわゆる『五感が鈍っている』という状態になります。

毎日のルーティンとは違うことをやってみる、いつもと違う道で散歩をしてみる。

このような些細なことでも、脳には新鮮な刺激になりリフレッシュ効果があるので、感情的な過食を防ぐことが期待できるんですよ。


今回はエモーショナルイーティングについて解説しました!
仕事や家事で忙しい毎日でも、息抜きの時間を作って心身ともに健やかなバランスをとれるようになるといいですね。

GONNADAYSでは千葉県山武市の自社農園で、自然派農法にこだわった栄養価の高い西洋野菜を中心に心を込めて栽培しています。

ご紹介した「コリンキー」と「ビーツ」はECサイトとGONNADAYS荻窪店で販売中です。
他にも色とりどりの珍しい野菜を詰め合わせたセット、是非一度お試しください♪

▶▶野菜整活セット

※収穫時期によって、本記事でご紹介している野菜が梱包されない場合がございます。