【夏が旬の西洋野菜 Vol.4】GONNA DAYSおすすめ緑の野菜②

GONNA DAYSがおすすめする夏の西洋野菜をご紹介します!

前回の緑の野菜赤・黄色の野菜紫の野菜の記事はこちらからご覧ください♪

第4弾は、サラダにぴったりな緑の野菜たちです🥬

初めて名前を聞くような珍しい野菜もあるので、ぜひチェックしてみてください!

〇コールラビ

特徴
ドイツ語のコール(キャベツ)とラビ(かぶ)が由来。
球状になった茎からまばらに伸びた葉が独特で特徴的です!
外側の色は緑と紫がありますが、切るとどちらも真っ白です。

食感・味
かぶや大根のような歯ごたえのある食感と、キャベツのような甘みが特徴!
生で美味しく食べられますが、下部や根に近い部分の皮は硬いため、厚めに剥くのがおすすめ。
加熱するとかぶのようなホクホクとした食感になります。

栄養価
胃腸の健康を守るといわれている成分「ビタミンU(キャベジン)」を含んでおり、「食べる胃腸薬」とも呼ばれています。
カリウムも100gあたり240㎎と豊富に栄養が含まれていてむくみや高血圧の症状改善に効果的!
また、
普通の野菜に含まれるビタミンCは熱でも壊れやすいですが、コールラビのビタミンCは加熱調理しても壊れにくいといわれています。

おすすめの食べ方
サラダ、煮込み料理やスープ
『コールラビのカルパッチョ』のレシピはこちら!≫

保存方法
冷蔵保存した場合、保存期間は3~4日間。乾燥しないように新聞紙にくるむのがおすすめです。

 

〇ダビデの星

特徴
短く太くできるかわいらしいサイズのオクラ。
切り口が星型になり、一般的なオクラよりも角が多いのが特徴です。

食感・味
食べ応えがあり、ねばねば感もしっかりしているのでオクラ好きにはたまらない味わい!

栄養価
ビタミンB1はピーマンの3倍も含まれているので、夏バテや疲労回復に効果的!整腸作用を促し、便秘や下痢を予防するペクチンや、抗発ガン作用や免疫力を上げるとされる βカロテンも多く含まれています。

おすすめの食べ方
お浸し、お味噌汁、肉巻き

 保存方法
湿気にも弱いため、冷蔵保存では水気をしっかりとふき取ります。
キッチンペーパーでオクラを包み、ポリ袋に入れて軽く口を閉じたら、冷蔵庫の野菜室に入れて保存。

 

 〇スティックセニョール

特徴
ブロッコリーに似ていますが、大きな花蕾をメインで食べるのとは違い、脇芽として伸びる茎部分もすべて美味しく食べられるのが特徴。さっと茹でて様々な料理に大活躍します!

食感・味
花蕾はブロッコリー、茎はアスパラガスのような味が楽しめます。

栄養価
ビタミンCやカリウム、カルシウムなどを豊富に含んでいます。
そしてスルフォラファンという成分もスティックセニョールの特徴的な栄養成分!
炭水化物、タンパク質、脂肪、ビタミン、ミネラル、食物繊維に続く、 第7の栄養素と呼ばれている栄養成分です。

おすすめの食べ方
パスタ、グリル
『スティックセニョールのマッシュルームソースがけ』のレシピはこちら!

保存方法
軽く湿らせたキッチンペーパーでつぼみの部分をくるみ、スティックセニョール全体を、ラップで優しく包みます。冷蔵庫の野菜室に立てて保存するのがおすすめです。

<野菜の新鮮さを保つオーラパック>
GONNA DAYSの西洋野菜は色鮮やかで美しく、通常の野菜と比べて栄養価が高いのも特徴です。
梱包材には、新鮮さを保つため特許を取得している「オーラパック」というフィルム材の袋を使用しています。
鮮度が高い状態のままお届けし、冷蔵庫でも一定期間鮮度を保つことが可能です。

 


GONNA DAYSでは、自社農園「Mr.ベジろべぇー」で有機JAS認定の取得を
目指して栽培している様々な西洋野菜を販売しています

店舗やECサイトからご購入いただけるので、ぜひお買い求めください♪

▶商品ページはこちら
▶定期便ぺージはこちら
お得な西洋野菜の定期便も申込み受付中です!